ケイ素と水素でアンチエイジングと老化予防。

この記事では、水溶性ケイ素と水素水がアンチエイジングと老化予防につながることについて述べています。

近年、水素分子が溶け込んだ水である「水素水」は、アンチエイジングや老化予防、生活習慣病の予防などに効果的だといわれるようになり、テレビをはじめとしたメディアにも取り上げられてブームになりました。

では、なぜ水素水に含まれている水素分子(H₂)が注目されたのかといえば、それは水素分子(H₂)が細胞内の必要な場所に素早く到達して、細胞の老化や病気の原因になる悪玉活性酸素「ヒドロキシルラジカル」を選択的に除去するからです。

つまり、水素分子(H2)は植物に含まれているポリフェノールをはじめとした抗酸化物質とは違い、細胞内の必要な場所に素早く到達して、悪玉活性酸素である「ヒドロキシルラジカル」を選択的に除去するという点に大きな特長があると言えるのです。


ところで活性酸素とは、電子と酸素が結びついた物質のことであり、体内の細胞のミトコンドリアが摂取した食物を一度電気エネルギーに変換し、ATPと呼ばれる物質を生成する際に、エネルギープラントであるミトコンドリアからどうしても発生してしまうものです。

しかし、この活性酸素は、ガンなどから体を護る働きをはじめとして、体にとって良い効果もあるとされているため、必ずしも悪者だとは言いきれません。

抗酸化物質の過剰摂取によって、逆にガンなどのリスクが高まると言われることがあるのはそのためです。

ところが、先程も述べましたが、水素水には悪玉活性酸素である「ヒドロキシルラジカル」を選択的に除去するという点に大きな特長があるため、生活習慣病をはじめとした様々な病気を予防するのに、水素水は有効だと考えられるのです。

 水素の抗酸化力は適度なので、生体に必要な活性酸素を除去しないことが利点です。
 活性酸素は全部悪者であるように思われることが多いのですが、生体で必要な活性酸素もあり、細胞の中で様々な役割を果たしています。例えば、精子の形成、血管の修復、傷の治癒などに必要で、身体を鍛えるのにも使われます。これを善玉活性酸素の酸化力は極端には強いわけではありません。
 水素の抗酸化力は、従来のビタミンCやEに比べると強くありません。従来の抗酸化物質は、すべての活性酸素を消去しますので、とりすぎに注意する必要があります。しかし、水素は、善玉活性酸素とは直接反応しないので、代謝を乱すことがないのです。
 一方、水素は、酸化力が非常に強く破壊力が強い悪玉活性酸素と直接反応して消去します。
太田成男『ここまでわかった 水素水最新Q&A』p85~86


ここまでわかった 水素水最新Q&A


また、水溶性ケイ素にも強い抗酸化作用によるアンチエイジング効果が期待できますので、このような、水素分子のヒドロキシルラジカルを選択的に除去するという抗酸化作用と、水溶性ケイ素の抗酸化作用をうまく利用すれば、アンチエイジングと老化予防に対する大きな効果を発揮してくれると考えられます。

水溶性ケイ素の効果のまとめ

この記事では水溶性ケイ素の効果をまとめています。

当ブログでは水溶性ケイ素(珪素・シリカ)の効果・効能について述べていますが、水溶性ケイ素には、以下の効果が期待できます。

ミトコンドリアを活性化する効果
胸腺を元気にして免疫力を高める効果
血流を改善する効果
松果体を活性化する効果
腸内環境を改善する効果


糖尿病を予防・改善する効果
骨粗しょう症を予防する効果
うつ病を予防する効果
アトピー性皮膚炎を予防・改善する効果
認知症を予防する効果


美容効果
美肌効果
アンチエイジング効果
デトックス効果
ダイエット効果

珪素のちから
こちらは初めての方におすすめの水溶性ケイ素「珪素のちから」

また水溶性ケイ素の薬効として、細井睦敬医師は『再生医療を変革する珪素の力』のなかで以下を紹介しています。

◎毛髪や爪の発育と皮膚細胞の活性化
◎自己免疫力と免疫細胞の活性化(抗酸化力)
◎骨の組織を丈夫にして、関節の動きを滑らかにする
◎骨や歯のカルシウムの不足を補う
◎カルシウム、コラーゲン、グルコサミンを沈着させる
◎老化現象を阻止する
◎血管を丈夫にする
◎冠動脈疾患を抑制する
◎肺組織の粘膜の弾力性を復元し、気管支炎を抑える
◎体の酸化を防止し、早期の老化を防ぐ
◎女性に多い骨粗しょう症を予防する
◎腎臓結石を阻止して、尿路感染症を予防する
◎腸内環境を整え、腸管の炎症を抑える
◎高血圧を調整する
◎不眠症を緩和する
◎結核を治療・予防する(結核の薬として開発)
◎糖尿病の症状を軽減し、予防する
◎頭痛、耳鳴り、めまいを軽減する
◎関節の弾力性を向上させ、リウマチを治療
◎アルツハイマー病の予防と治療(体内のアルミニウムの吸収と排泄)
◎変形性関節炎の痛みを軽減する
◎認知症のリスクを減らす
◎ガンに対する抵抗力を強化する

(細井睦敬『再生医療を変革する珪素の力』p60~62)


再生医療を変革する珪素の力

このように細井睦敬氏の『再生医療を変革する珪素の力』には珪素の薬効が多岐に渡って示されていますが、これらの薬理作用は細井睦敬氏の臨床例とかなり一致していると述べています。


ケイ素が不足すると?


さらに、生体物理医学者の山野井昇氏は『ケイ素でキレイになる! 海外セレブが愛用する「美のミネラル」』のなかで、ケイ素が不足すると、以下のような症状が心配されるとしています。

・骨粗鬆症の進行、骨粗鬆症からくる骨折
・爪が割れる
・切れ毛、白髪、薄毛
・老化の進行によるシワ、シミ
・片頭痛
・静脈瘤、動脈硬化
・ED
・認知症の進行、悪化


山野井昇『ケイ素でキレイになる! 海外セレブが愛用する「美のミネラル」』p160


一方、水溶性ケイ素の有効性として、以下が検討されているとしています。

①血管内皮の構成成分で、ケイ素を補給すると、傷んだ血管の補修が進み、しなやかさが保てる。
②血管内のプラークを融解し、動脈硬化の予防になる。
③食物繊維の主成分で、腸内細菌を活性化し、腸内環境を整え、かつ、腸管免疫力を高める。
④主要な臓器の構成成分で、ケイ素は、酸化されず変形しない。
⑤人骨の33%はケイ素、カルシウムだけでは骨質はよくならない。皮膚コラーゲンを支えるのもケイ素であり、補充しなければならない。
⑥ケイ素は神経細胞などに取り込まれると、微振動で遺伝子を刺激し、幹細胞を目覚めさせ、脳神経細胞を再生しうる可能性がある。
⑦ケイ素はマイナスに帯電しているので、プラスに帯電している重金属を引き付け、一緒に排泄することができる。
⑧ケイ素は、メラトニン、セロトニンを分泌する脳の松果体の構成成分なので、睡眠や精神安定にプラスの作用がある。(山野井昇『ケイ素でキレイになる! 海外セレブが愛用する「美のミネラル」』 p160~161)


ケイ素に期待出来る美容・美肌効果


そのほか、山野井氏によれば、シラノール成分として知られるケイ素には、以下のような美容・美肌効果が期待出来るといいます。

・コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを再構築し、細胞活性を向上させ、皮膚の弾力を修復する
・ハリや柔軟性を維持して、老化によるシワやタルミを防止する
・ヒアルロン酸の2倍といわれる保湿力
・皮膚を正常な状態に保つように機能する。変化を起こさせないように、皮膚環境を整える
・菌の増殖を抑制して菌を減らす静菌性
・ケイ素の還元力
・目的によってビタミンE、アスパラギン酸などと組み合わせると、より効果が期待できる
(山野井昇『ケイ素でキレイになる! 海外セレブが愛用する「美のミネラル」』 p38~39)


ケイ素でキレイになる! 海外セレブが愛用する「美のミネラル」

このように水溶性ケイ素(珪素・シリカ)の効果効能は多岐にわたりますが、水溶性ケイ素を摂れば、たちまち病気が治ったり、美容や美肌に効果を発揮したりするわけではないので、その点については注意が必要です。
水溶性ケイ素は劇的に症状を改善する働きはありませんが、健康や美容を維持するためのサポート役として最適な役割を果たしてくれるのです。

以上が、水溶性ケイ素の効果・効能のまとめです。





水溶性ケイ素の認知症予防効果

この記事では、水溶性ケイ素(珪素・シリカ)の認知症予防効果について書いています。

超高齢社会を迎えた日本においては、いかに認知症を予防するかが大きな課題となっています。

なぜなら認知症は一度発症してしまうと、治療がなかなか難しいとされているからです。そのため、認知症は40代・50代のうちから早めに予防していくことが、認知症の発症を遅らせるための鍵になるのです。

日本ではアルツハイマー型認知症が認知症の大半を占めていますが、アルツハイマー型認知症は、「アミロイドβ」という異常なタンパク質が脳に付着することで、脳神経細胞数が減っていき、脳神経を壊してしまうことが、発症理由のひとつであるとされています。

このアミロイドβの神経細胞の破壊には、「ミトコンドリア」の機能低下が関係しているとされています。ではミトコンドリアはどういう時に機能が低下するのかといえば、それは激しい運動や強いストレス、喫煙などによって活性酸素を大量に生み出された時です。また活性酸素が増えすぎることは老化の原因にもなります。

 ミトコンドリアの不活は、ガンだけでなく、他の慢性病も引き起こすことがわかってきました。 たとえば、脳細胞でこれが起きた場合はうつ病、長引いた場合は認知症につながると考えられます。心臓の細胞でミトコンドリアの不活が起こると、その影響で狭心症や不整脈、心筋梗塞などが誘発されます。反対に言えば、うつ病や心臓病は、血流が悪化し、ミトコンドリアの働きが低下したことによるものだったわけです。(細井睦敬 『再生医療を変革する珪素の力』 p32

しかし水溶性ケイ素には活性酸素の働きを防ぐ強い抗酸化作用があるため、日頃の生活のなかで、水溶性ケイ素を摂ることは、ミトコンドリアの機能低下を防ぐことにもつながっていきます。そしてそのことは認知症の予防にも期待ができるのです。

 アミロイドβが神経細胞を壊す時、ミトコンドリアのエネルギー生産の著しい低下が観測されています。ミトコンドリアの機能低下が背景にあってアミロイドβが毒性をもつのであれば、ミトコンドリアの機能低下を改善することで、認知症の予防や進行を遅らせる可能性があります。
 ミトコンドリアは酸素を大量に使ってエネルギーを生みだしていますが、どうしても活性酸素が発生しています。活性酸素がミトコンドリアの機能低下の原因なので、高い抗酸化力があるケイ素を補うことで、脳神経細胞の修復が期待できます。
 年齢と共に減っていくケイ素不足の状態を放置していると、認知症の発症や進行の加速化を招きかねないでしょう。(山野井昇『ケイ素でキレイになる! 海外セレブが愛用する「美のミネラル」』 p83


また山野井氏は「ケイ素は神経細胞などに取り込まれると、微振動で遺伝子を刺激し、幹細胞を目覚めさせ、脳神経細胞を再生しうる可能性がある」と述べており、認知症の予防だけではなく、改善に対しても、ケイ素は未知の可能性を秘めていると思われます。

しかし認知症の発症に関しては、水溶性ケイ素を摂るだけで予防できるというわけではなく、日頃から適度な運動を行うことも必要になってきます。

また、アルツハイマー型認知症は「脳のメタボ」だとも言われており、その発症には糖質の摂り過ぎが原因のひとつに挙げられていますので、砂糖や異性化糖(果糖ブドウ糖液糖)、精製デンプンといった糖質を、毎日の食事のなかで出来る範囲で減らしていく「糖質制限」を行っていくことも大切です。

水溶性ケイ素のシラノールの美容効果

ここでは水溶性ケイ素(珪素・シリカ)シラノールの美容効果について述べています。

ケイ素はお肌をみずみずしいものにしたり、シワやシミを減らしたりしてくれるとされています。また、爪を丈夫にしたり、髪をつやつや、サラサラにしたりするともいわれています。

その理由は、ケイ素は、皮膚や骨、血液など私たちの体の様々な部位に存在し、結合組織を丈夫にする働きがあるからです。

さらにケイ素には代謝を良くすることで水太りやむくみを解消するダイエット効果もあると言われています。

このようにケイ素(シリカ)には美容のための様々な効果があるため、ケイ素は「美のミネラル」といわれていますが、特にケイ素の美容効果で注目されているのは「シラノール(ケイ素誘導体)」という成分です。

シャネルやイブサンローラン、エリザベスアーデンといった海外メーカーの化粧水や美容液にはシラノール成分が含まれていますが、山野井昇氏の『ケイ素でキレイになる! 海外セレブが愛用する「美のミネラル」』によれば、そのシラノール成分には、以下のような効果が期待されています。


・コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを再構築し、細胞活性を向上させ、皮膚の弾力を修復する
・ハリや柔軟性を維持して、老化によるシワやタルミを防止する
・ヒアルロン酸の2倍といわれる保湿力
・皮膚を正常な状態に保つように機能する。変化を起こさせないように、皮膚環境を整える
・菌の増殖を抑制して菌を減らす静菌性
・ケイ素の還元力
・目的によってビタミンE、アスパラギン酸などと組み合わせると、より効果が期待できる
山野井昇『ケイ素でキレイになる! 海外セレブが愛用する「美のミネラル」』 p38~39

ケイ素でキレイになる! 海外セレブが愛用する「美のミネラル」

また、山野井昇氏によれば、保湿、再生などのケイ素の効果は美容のための様々な分野で活用されているといいます。

①ヨーロッパでは「妊娠線」のケアにシラノールを活用。
②シラノールはお肌の恒常性(正常な状態を保つ)に働く、変性や変化を起こさせない、肌環境を整えて正常に保とうとする力。
③シラノールは皮膚に有機ケイ素を補給。シワ、たるみをケア、また保湿力が非常に高く、長時間持続、柔軟性・弾力性を高め、潤いのあるハリのある素肌がよみがえる。
シラノールは目的によってビタミンEや、アスパラギン酸と組み合わせればより期待できる。
④ケイ素は生体の成長に欠かせない物質で、加齢や紫外線による減少は、肌年齢と密接な関係にある。
山野井昇『ケイ素でキレイになる! 海外セレブが愛用する「美のミネラル」』 p162

シラノールには美容に対する効果がある

このようにシラノールには美容に対する様々な効果があるため、普段お使いのローションやクリームに水溶性ケイ素を混ぜるだけで、高級化粧品のようなチカラを発揮するようになります。

またシラノールには高い保湿作用があるため、美肌を追求する方にも、水溶性ケイ素はオススメです。

それに加えて、水溶性ケイ素は細胞の老化を防ぐ抗酸化作用が非常に強いため、いつまでも若々しい身体を維持するためのアンチエイジングにも役立ってくれます。


海外セレブも愛用するケイ素の力で、カラダの中からキレイに♪

水溶性ケイ素のアトピー性皮膚炎を予防・改善する効果

この記事では、水溶性ケイ素(珪素・シリカ)のアトピー性皮膚炎を予防・改善する効果について述べています。

アトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能がなくなることで乾燥し、かゆみを伴う湿疹が、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら続く慢性疾患だとされています。その原因としては、食べ物やダニなどのアレルゲンやストレス、電磁波、細菌の感染など、様々なものが挙げられています。

しかし水溶性ケイ素を飲んだり塗ったりすることで皮膚の状態が良くなり、アトピー性皮膚炎が改善されたという報告があるとされています。その理由は、「シラノール」の働きにあるのではないかと推測されています。

「シラノール」は、高い保湿作用があり、高級化粧品などにも含まれていますが、「シラノール」の正体は実はケイ素(珪素)だとされています。

そのシラノールには、以下のような効果が期待されているようです。

・コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを再構築し、細胞活性を向上させ、皮膚の弾力を修復する
・ハリや柔軟性を維持して、老化によるシワやタルミを防止する
・ヒアルロン酸の2倍といわれる保湿力
・皮膚を正常な状態に保つように機能する。変化を起こさせないように、皮膚環境を整える
・菌の増殖を抑制して菌を減らす静菌性
・ケイ素の還元力
・目的によってビタミンE、アスパラギン酸などと組み合わせると、より効果が期待できる

山野井昇『ケイ素でキレイになる! 海外セレブが愛用する「美のミネラル」』 p38~39


そのため、皮膚の健康を維持するために、水溶性ケイ素は役立ってくれると考えられます。また、アトピー性皮膚炎はストレスや食生活の乱れによる腸内環境の悪化や血液の汚れも関係していますので、水溶性ケイ素がもつデトックス効果や、腸内環境を改善する効果も、アトピー性皮膚炎の症状を改善するために有効に働いてくれると思われます。

しかし、注意していただきたいのは、水溶性ケイ素を飲んだり、塗ったりするだけで、アトピー性皮膚炎が治るわけではないという点についてです。

水溶性ケイ素の原液は500mlで数万円もするものが多く、手軽に買えるわけではないため、本やインターネット上に「ケイ素でアトピーが治った」という情報があったとしても、それは「アトピービジネス」である可能性が考えられますので、水溶性ケイ素を購入する際は、慎重な判断が必要になってきます。

また、ケイ素のちからだけで、アトピーが治ることは考えにくいと思われます。

なぜならアトピー性皮膚炎は、先程も述べましたが、ストレスや食生活の乱れ、腸内環境の悪化、運動不足や不規則な生活など、様々な要因で起こってくるからです。

そのため、アトピー性皮膚炎を治していくためには、医者との相談による適切な治療に加え、自分自身で生活習慣を見直し、改善していくことが必要になってきます。

水溶性ケイ素は、アトピー性皮膚炎を改善するためのサポートとして役に立ってくれると考えられますが、あくまでサポートですので、アトピー性皮膚炎に悩まれている方は、その効果を過信しすぎないようにしたほうが良いと思われます。